ホーム » アーカイブ » 1-03 DJノウハウ ピッチあわせ~編カテゴリ , STEP1 DJ入門~実践!カテゴリ » <DJテクニック>つないでると、どうも音がでかくなったり、小さくなったりするんスヨー!

<DJテクニック>つないでると、どうも音がでかくなったり、小さくなったりするんスヨー!

この記事をはてなブックマークに登録この記事のはてなブックマーク数 このエントリをlivedoorクリップに追加 このエントリーのlivedoorクリップ被リンク数 この記事を Buzzurl に登録この記事の Buzzurl ブックマーク数 この記事を del.icio.us に登録 | | コメント(0) | トラックバック(0) |

ターンテーブル買った!ミキサーも!しかも、なんとかテンポはあわせれるようになった!たんのしー!てな感じになってますでしょうか?

これまでわかりにくい説明ですみません。何かわかりにくいところがあれば、メールください。できるかぎりお答えします。

んで、つなぎのコツの【♪かえるのうたが~そーねかあさんもなーがいのよー】ですが、メロディーを考えてつないでみたら、案外上手くいくものです。

つ まり、メロディーが始まるのは、曲の頭からイチニサンシーニーニー・・・と数えて8小節か16小節からですよね、ってことは、そこから、スタートさせて、 テンポをあわせて、ミキサーのフェーダーで徐々に切り替えていく、横フェーダーなら、少しづつまぜていく、(ミキサーによって、横フェーダーのカーブ=ど れだけ動かしたらどれだけ効くか、が変えられるものもあります)

このとき、音量に注意してくださいね。両方とも同じ大きさだと、横フェーダーの真ん中で凄く音が大きくなって、振り切ったときに、音量が下がってしまって、ガクーってなります。

ポイントは、混ぜる曲は8割くらいの音量にして、横フェーダーで真ん中に持っていきつつ、元の曲の音量を立てフェーダーで徐々に8割くらいまで下げる。

下げつつ今度は振り切るまでに、次の曲の音量を上げていく。

とにかくスピーカーの音が基準ですので、音量も適宜調節です。ヘッドフォンのなかで、同じ音量だ!っても外の音とは全然違うときありますからね!焦ってはいけません。

また違う方法は、横フェーダーを真ん中に置いておいて、縦フェーダーだけでもできます。

コレのほうが得意な人もいるかもしれません。何せ、次の曲の音量上げて元の曲の音量下げればいいだけですからね。
このときは、チョコチョコ感が必要、チョコチョコ上げたり下げたりして、スピーカーの音を確かめ、だましだまし次の曲の音量は上げながら、元の曲の音量は下げる

縦フェーダーを下げるときのポイントは、半分まではゆっくりと、のこり1/3までは、ちょっと早く、最後1/4くらいから下は、ストンと落とせば綺麗に消えますよ。

なんども申し訳ないですが、JEFFMILLSのDVDではこのチョコチョコ感が見れます。
焼き鳥焼いてるみたいです。

音量を一定にするために、コンプレッサーって機械もありますが、無視です。
現場にそんないいもの滅多にありませんからね。雑草のようにがんばって!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: <DJテクニック>つないでると、どうも音がでかくなったり、小さくなったりするんスヨー!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.salon-de-rosp.com/mt/mt-tb.cgi/48

コメントする

このサイトについて


ALL ABOUTのテクノポップで紹介されました。

運営者プロフィール.rosp
兵庫県在住:
サルフレックスの曲(タナカ・フミヤ・プレゼンツ~アイ・アム・ノット・ア・DJ タナカ・フミヤ・プレゼンツ~アイ・アム・ノット・ア・DJの最後の曲)を聞いてぶったまげ。
テクノ聞き始め早13、DJ初めて早12年。未だに飽きないテクノ道、これからも聞き続けますー。

相互リンクしましょう!
あなたとの相互リンクおまちしています。 条件はありません。 お問い合わせ ご意見・ご感想はこちらまで

このブログ記事について

このページは、rospが2008年2月14日 21:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「さぁレコードをつなごう 裏技」です。

次のブログ記事は「DJミックスをMD,テープ,CDに録音する! 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。